ご挨拶

ローゼル・ストーンズ・クメール社(Roselle Stones Khmer Co., Ltd.)は、カンボジア産のハーブ製品ブランドDemeter(デメテル)と、フルーツビネガー・酵素ドリンクのブランドSucoo(スコー)を展開するカンボジアの現地法人です。

aq_block_3

日本とカンボジアのコラボレーションで、メイド・イン・カンボジアを世界へ!

広大な農地に恵まれ、降水量も多いカンボジアは、自然資源が豊富な国でもあります。道沿いには果樹が生え茂り、山に分け入るとシナモンなどのハーブが自生する国、カンボジア。この豊富な資源を使って、見た目も美しく、美容と健康に良い製品を作り、世界に向けて発信したいという想いから、Roselle Stones Khmerは始まりました。

カンボジアには、クル・クメールと呼ばれる伝統治療師がいます。ハーブ(薬草)を用いて人々の病気や怪我の治療をするクル・クメールは、人々の日常生活にいおける拠り所でした。西洋医学による治療も現在では一般的ですが、カンボジアの人々は今も多くの場面でクル・クメールの施術に頼って暮らしています。料理にもたくさんのハーブが使われています。調味料としてだけでなく、その用途は食材を包む包材や器としてまで幅広く、昔からの英知に驚かされます。カンボジアの人々にとってハーブは、とても身近な存在なのです。

aq_block_6

カンボジアの原石を、宝石にしたい!

これだけ豊富で高品質なハーブがあるのに、なぜか町で売られている乾燥ハーブティのほとんどが、当時外国製でした。「カンボジア製」として観光客向けに売られている市場の乾燥ハーブティもありましたが、残念ながらその質は良いとは言い難いものがほとんど。原料となるハーブがこんなに生えているのに、もとのハーブはこんなに高品質なのに、もったいない!私たちはそう思いました。

カンボジアの人たちが長い歴史の中で培ってきた英知と自然の恵み、そこに日本の品質管理の技術を加えることで、外国製のものに負けない「カンボジア製」のハーブ製品を作ろう。それが、この会社を興すきっかけとなった想いです。体に良いだけでなく、思わず手にとってしまうパッケージで、カンボジアだけでなく広く海外へも製品を販売していきたいと思っています。

私たちのパートナーは、情熱と誇りを持った農家さんだけでなく、現在「学校ハーブ園プロジェクト」という形でも広がり始めています。縁があって日本から遠く離れたカンボジアという国で仕事をさせて頂いている、その感謝の気持ちを忘れずに、できることでカンボジアの社会に貢献していきたいと思っています。

カンボジア産のハーブのひとつであるローゼル(Roselle)は、ハイビスカス茶の原料として世界中で知られています。今はまだ原石(Stone)かもしれないカンボジアの資源を世界へ。そんな想いから、私たちは社名をRoselle Stones Khmerと名づけました。

Managing Director 西口三千恵