ムーンリズムティーは、ローゼル・ストーンズ・クメールの取締役でもある谷許絵里(GIN)によるオリジナルブレンドです。

GINは長年ハーブについて学び、福岡でハーブ料理、ドリンクのカフェを運営していました。

月の満ち欠けに合わせて特別にブレンドされたハーブティ・ムーンリズムティー。カンボジア産の自然栽培(ワイルドクラフト)された原材料を、手摘み収穫、天日干し乾燥で製品化しています。自然の恵みに感謝し、その恩恵を余すところなく伝えられる手法。 −その生産方法ゆえに大量生産はできません。

aq_block_3
aq_block_5

Demeter ムーンリズムティーとは

潮の満ち干きが月の引力に影響を受けるように、私たちのからだも月の満ち欠けに伴いさまざまな影響を受けているといわれています。

デメテルのムーンリズムティーは、自然に近い環境で生育されたカンボジアのハーブを使い、月の満ち欠けに合わせた特別なブレンドで、からだをサポートします。

古代より人々は、自然の移り変わりと生活を寄り添わせて生きてきました。農業、医療、季節の行事-さまざまな場面において、月の満ち欠けは日々の生活の移り変わりを告げ、導く役割を担ってきました。

現代社会においては、こうした自然の影響は見過ごされがちです。しかし、私たちはまだそれを失ってはいません。忙しい一日の終わりに、ひととき夜空を見上げてみましょう。
そうすれば、今も自然はそこにあり、私たち自身がその一部であることを感じられるでしょう。

ムーンリズムティーは自然とのつながりを取り戻し、からだを整えるお手伝いをします。

4種類のムーンリズムティーブレンドについては、以下をご覧下さい。


ムーンリズムティー【十六夜-Izayoi】

ブレンド内容:パパイヤ葉、ベールフルーツ、カルダモン

満月の次の日から下弦の月に向けて

満月から、私たちのからだはデトックス期に入ります。月がその形を細くしていくのにあわせ、からだも溜め込んでいたものを排出していきます。この時期は体を内側からきれいにするのに適しています。

パパイヤリーフのほのかな苦味を、ベールフルーツのやさしい甘さ、カルダモンの高貴な香りが包み込みます。

aq_block_12
aq_block_13
aq_block_14

ムーンリズムティー【虧月-Kigetsu】

ブレンド内容:レモングラス、グリーンマンゴー、ローズアップル、スターアニス

下弦の月から新月に向けて

下弦の月からは、デトックス期の後半に入ります。月が新月に向けて新しく生まれ変わる準備を始めるように、私たちのからだもリセットされ、調整されます。デトックス期の前半を過ぎ、この時期のからだは少し疲れているかもしれません。新月の日、私たちのインスピレーションは最大になるといわれています。この時期は、新しいサイクルの始まりに向け、セルフケアや瞑想などに適しています。

レモングラスとマンゴーのフルーティで爽やかな酸味と、ローズアップルの自然な甘さがマッチ。スターアニスがオリエンタルな風味を添えています。

aq_block_22
aq_block_23
aq_block_24

ムーンリズムティー【宵月-Yoitsuki】

ブレンド内容:ハイビスカス、ベールフルーツ、シナモン

新月の次の日から上限の月に向けて

新月は太陰暦で月齢ゼロと呼ばれ、月の満ち欠けの新しいサイクルの始まりに位置します。月が日々のその形を増していくように、私たちのからだもエネルギーや栄養を取り込み始めます。この時期は吸収期の始まりにあたります。

ハイビスカスとシナモンはベストコンビで素晴らしい風味を醸しだします。ベールフルーツのほのかな甘さが、さらに味を引き立てます。

aq_block_32
aq_block_33
aq_block_34

ムーンリズムティー【盈月-Eigetsu】

ブレンド内容:パッションフラワー、カンボジアオレンジピール、ミント

上限の月から満月に向けて

上弦の月から、吸収期の後半に入ります。満月に向かい、からだの吸収力はピークに達します。満月の日、私たちのこころは日ごろより感情的になりがちといわれています。満月の日に、大切な物ごとに決定をくだすことは、避けたほうが良いでしょう。

森の緑に囲まれているようなパッションフラワーの優しい味に、オレンジの皮とミントがほのかな清涼感をもたらします。リラックスにおすすめのブレンドです。

aq_block_42
aq_block_43
aq_block_44